紫根染め講習会@農芸高校

本日は
都立農芸高校さんの
紫根染め講習会にゲストとして
参加しています。


午前中は、
①紫草とは?
②紫草育成栽培の方法
③紫根染めについて

みたか紫草復活プロジェクト
西村(二代目会長)
一瀬(明星学園元校長)
より講義をさせていただきます。


午前中は
アルコール抽出による
紫根染めにチャレンジしました。



アルコール抽出の方法では
確実に紫根染めを行うことができます。
しかし、
その濃さや色合いはいつも一定ではありません。




午後の部では
アルコール抽出ではない
いわゆる伝統的な昔からの方法に
チャレンジします。

みたか紫草復活プロジェクトの
目指す紫根染めの方法
『三鷹流』は、
○米酢
○椿の灰媒染
○非アルコール抽出
を軸にしています。

今回は、
【1】乾燥紫根
【2】生紫根
の2通りの方法で染色をします。

【1】乾燥紫根


乾燥紫根をハサミで細かく切り
その後すりこぎでつぶします。


それを布に集めて
米酢を入れたお湯を少しずつ
かけながら、手もみで抽出します。


温度管理に気を付けながら
染めていきます。

おっ!
もう見るからに染まってますね。

【2】生紫根



うまくいけば
鮮やかな紫色を得られるという
生紫根を用いた方法。

しかし、当日掘り出してみるまでは、
紫根が赤いか、黒いか、白いか、
わからないのです。

今回は、大変色鮮やかな紫根を
手にいれることができました。



色素を含むのは
根の表面だけ。
だから表面だけを
カッターでうすく削ります。

結構手間暇のかかる作業です。



気になる仕上がりは・・・・?


おおっ!
これは、鮮やかな紫色!

アルコールなどの化学薬品を使わなくても
こんなに美しい紫色を出すことができるんですね!

今回は
我々自身もいろいろと
再確認させていただくことがたくさんありました。

私たちが目指す
『三鷹流』
に確実に一歩近づくことができました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

mitaka-murasaki

Author:mitaka-murasaki
みたか紫草復活プロジェクト
のページへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR