FC2ブログ
みたか紫草復活プロジェクトでは、絶滅危惧種である紫草の育成、紫根を使った紫根染めの復活を目的に活動しています。
紫草の現実~病害レポート~
紫草を育成していく上で、
避けて通れないのは「病害」です。

この株、一見すくすく育っているように見えますが、恐らく病気です。

なんという病気なのかわかりませんが、
葉の一部が黄色くなっています。

こうなってしまうと、当然ながら、
育成が悪くなります。


他の同級生たちは
もう花をつけている時期なのに
まだ背丈も低く、育成が遅いです。

しかし、
私の経験上、
こうなってしまっても
「すぐ枯れてしまう」
ということはありません。

もちろん、オルトランなどの薬を使わずに、放置しておいたら枯れてしまうかもしれないですが。

人間でもそうなのですが、
病気とはうまくつきあっていければ
イイのかな?
絶滅の危機に瀕するような病気でなければ
イイのかな?

と思ったりもします。
これは、今年新たに見られる症例です。

葉に、1~2ミリの小さい穴が点在します。
穴があいたところから、葉は茶色く変色して、枯れてきているように見えます。

病気なのか?
虫害なのか?


先週スミチオンを散布したばかり。
その2、3日後にこの症例がいくつも出ています。この症例には、オルトランも、スミチオンも効果がないのかもしれません。

過去の文献や記録によれば、
「一週間で一万数千本が枯れてしまった」
ということもあったそうです。

その病気は、いったいなんだったのか。

私が今までに、出会ったことのある病気なのか。それとも、これから出会うかもしれない病気なのか。
それとも、もうそんな病気は存在しないのか。

紫草を絶滅から救うヒントは
きっとここにあるんじゃないか。

そう思いながら、
毎日楽しく世話をしていきます。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する