FC2ブログ

防虫対策 その①



例年、紫草の育成において
使うのは主に「オルトラン」ですが
今年は試験的にもう二種類
マラソン
スミチオン
を使ってみることにしました。
(症例1)葉がしわしわになってしまう
(症例2)葉の葉脈に沿って黄色い部分ができる
(症例3)葉のまわりから茶変し、だんだん黒くなる
これまでの育成上では、上の3つの症例がよくみられました。

オルトランの効き目があるうちは、(症例2)(症例3)には有効だと思いますが、
気温が暖かくなると(気温でなく乾燥が要因かもそしれませんが)オルトランの効き目の持続する期間が短くなるように感じます。

また(症例1)は、2年目以降の株でよく見られます。特徴としては、最初に芽が土の中にあるときや、少し地上に顔を出すころまでは順調(若干育成が遅い)なのですが、ある程度背が高くなったときには、もうシワシワ。

そして、一度シワシワになってしまうと、そこからよほど新しくて勢いのある脇芽が出てこない限りは、ずっとシワシワ。

ってな具合で、なかなかやっかいです。

今回、まだ芽が土の中にある時期に(1月~2月)、育成場所全体にオルトランの顆粒を2回に分けて大量にまいてみたところ、現在ほとんどすべての株がシワシワにならずに済んでいます。

オルトランが効いたのかどうか、もしかすると他の要因かもしれませんが、もし冬場にまくことにより、予防効果が期待できるのであれば、かなりの朗報であるといえましょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

西村学

Author:西村学
みたか紫草復活プロジェクト
2代目会長 西村学
<連絡先>
0422-47-8933
info@mitaka-murasaki.com
※メールでのお問い合わせは下記フォームよりお願いします。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR