FC2ブログ
みたか紫草復活プロジェクトでは、絶滅危惧種である紫草の育成、紫根を使った紫根染めの復活を目的に活動しています。
冬の間にやること
冬の間
紫草の地上部は、枯れてしまいます。
私が育てている1年目の株で、
いろいろなイレギュラーが重なったものが、
12月までは青々としておりましたが、
さすがに1月となると、もう緑色はほとんど見られなくなりました。
201801170919579c8.jpg

だからといって、
紫草は、完全に枯れてしまったわけではありません。
注)枯れてしまったといって、土ごと捨てないでくださいね!
紫草の地下部は、生きています。
とてもかわいらしい芽が、地下部には育っています。

上からみると、こんな感じで
枯れた茎は5センチほど残して切ってしまい
冬支度をととのえています。
20180117092129d0b.jpg

さて、本日は、

冬の間の紫草のケアについて

ご案内させていただきたいと思います。
>>続きを読む
2018年 今年もよろしくお願いいたします!
2018年スタートしました。

みたか紫草復活プロジェクト
12月・1月は厳寒期のため活動を休止しておりますが、

2月より
あらたに今年度の活動をスタートして参ります。

<今後の予定>
▼2/20(火)紫草(むらさき)の日
毎月第三火曜日 am10:00~
下連雀育成場にて

<内容>
・本年度の活動内容予定
・3月種蒔きの準備
・3月染色交流会について

>>続きを読む

テーマ:東京・多摩地域 - ジャンル:地域情報