みたか紫草復活プロジェクトでは、絶滅危惧種である紫草の育成、紫根を使った紫根染めの復活を目的に活動しています。
9月のおわりに
いろいろあった9月。
2017年の活動は、まさにみたか紫草復活プロジェクトにとって、激動の一年となりましたが、
その中でも特に、8月から9月の育成は、本当に大変でした。


2013年のほぼ全滅状態。
極端な日照りと、ゲリラ豪雨と、台風。
逆らえぬ自然。
手を尽くしても、どんどん枯れていく紫草を見て、自身の無力さを思い知らされました。

しかし、今回の危機は、
明らかに私自身の「油断」がもたらしたもの。

なんとしても
自分のちからで乗り越えなければなりませんでした。
>>続きを読む
決断
ここのところ1週間にわたるトリミング作戦。
がっつりやられたアブラムシ被害の手当てを続けてきました。

中には、
「もう枯れてしまったのかな」
生命力を感じない株もありました。

紫草は多年草です。
2年目の株は、出だしが早く
4月下旬にはもう花が満開になります。

そういう株の中には
アブラムシにやられていなかったものでも
早々と店じまいをしてしまうものも出てきます。

20170907163433f56.jpg

この枯れ枝。

見た目には
もう枯れてしまっているように見えるかもしれません。

でも、この枝は
確かに生きています。
>>続きを読む
油断
今日は日曜日。

朝から
紫草の手当てをしています。

油断しました。。。

心に隙があったなぁ。
人間にはわからなくても、
自然はだませない。

ガッツリ
やられました。
アブラムシです。



今年は、
新芽が出る前の2月から
しっかり予防するために
万全の体制で望みました。

種まき後、
若苗がやられないように
複数の薬剤で予防しました。
(おかげでテントウムシには逃げられました)

ここまで順調にきて
ココでやられるとは!
いやーしかし
今考えれば
その可能性は十分あったはず。

油断しました。
>>続きを読む
ひさびさの記事です!
めざせ!20000粒!
>>続きを読む