みたか紫草復活プロジェクトでは、絶滅危惧種である紫草の育成、紫根を使った紫根染めの復活を目的に活動しています。
根っこレーダー
先日の記事に
このような内容を書きました。

「まず2~3本の白い根がおりてゆく」
「まるで底はどこにあるか探るレーダー」

まさにそのレーダーを
植え替えの際に数株
見つけることができました。

コレです!
>>続きを読む
こういうワケだったのです
紫草を育てるときに
花を愛でる方
紫根を育てたい方
大きく2通りに別れます。

私はどちらかというと、
ソダテルコトそのものが好きなので
花も根も好きなのですが。

せっかく育てるなら
立派な紫根を育てたいという気持ち。
そしてその紫根を使って
染色をやりたいという気持ち。

もちろん、
毎日そう思って育てています。

立派な根を育てるためには、
深い入れ物が必要です。

パイプ栽培がベストでしょうけれど、
径の太いパイプでは、
育成土が大量に必要になりコストがかかります。

径の細いパイプでは、
育成土の量はすくなくなるので
コストダウンにはなりますが、
パイプそのものの値段が結構高いです。

今回は、
4メートルのパイプをJマートで5等分してもらい、80センチのパイプを作ってもらいました。

もう少し安く済ませる方法は・・・

と100円ショップを荒らし回り(笑)
ようやくたどりついたのが

コレ!!!!!
>>続きを読む
都立農芸高校とのタイアップ
本日は
都立農芸高校の先生方が
三鷹の育成場の様子を見に
いらしてくださいました。
(写真とるのを忘れましたね)
>>続きを読む
これはなに?
さて
どうやって使うのでしょう?
>>続きを読む
2年生は、いま!?

2年生はいま、
こんな感じです。

写真ではなかなか
伝わりにくいかもしれませんが、
かなりワイルドです(笑)。

ひげボーボーな感じ
とでも言いましょうか。
>>続きを読む
一年生のみなさん!
梅雨時。
雨がふるとやはり
一年生のみんなは、ぐんぐん伸びます。


一つわかったことがあります。

紫草の若苗をポットで育てているときに、
根がまわってしまうときがあります。

この根がまわってしまってから
植え替えをしても、
その年はあまり根が育ちません。

特にその植え替えの時期が
梅雨明けになってしまうと
より根が育たない、という印象です。
>>続きを読む
新しいパイプ栽培
本年度は
昨年度に続き、
育成パイプの本数を増やしました。

昨年度は
直径約20センチ、長さ80センチのパイプを
20本増やしました。

太いパイプを使った方が
根はしっかりはってくれるのでしょう。

しかし、
育成土を大量に購入しなければならないのと、
混ぜるのがなんとも大変な作業です。

今年は試しに
もう少し細いパイプで育ててみることにしました。

>>続きを読む