FC2ブログ
みたか紫草復活プロジェクトでは、絶滅危惧種である紫草の育成、紫根を使った紫根染めの復活を目的に活動しています。
5月の紫草の日
今日は、月イチの活動日
「紫草の日」

毎月第三火曜日を
紫草の日とし、
活動を続けています。

今日の活動のメインは
一年目の株の移植です。
種まきのセルトレイから
鉢やポットに植え替える作業です。



まずは土の買い出し。
全部で六種類。
計180リットル分の土を仕入れます。


ビニールシートの上で
土を混ぜます。
なかなかよい運動になりますね(^_^;)。




あたらしい鉢への
植え替えさぎの作業です。
ここは会員のみなさまに
楽しんでいただきました。
>>続きを読む
コンパニオン プランツ
アブラムシによる
ウィルス害を防ぐ。

そのための取り組みの1つとして
コンパニオンプランツを植える
という作戦を実行します。

>>続きを読む
雨の降った次の日
昨日はひさしぶりに
まとまった雨がふりましたね。

ジャバーっと大粒の雨よりも
昨日のようなシャワーの粒が細かい方が
紫草には合っています。

雨降りの翌日は
お水はひかえめに。

今日は液肥を薄めて
じょうろでまきました。


>>続きを読む
【仰天!】こぼれた種が?
私の職場の植え込み。

コンクリートで囲まれた
この西向きのスペースで
2年連続で紫草を育成していました。

知らない方が多いのですが
紫草、実は多年草です。

一年目の株の育成に
もし失敗しても、
枯らしてしまったと残念がらずに
その鉢を春までとっておいて下さい。

3月になると
2年目の芽が
ぐいぐい芽吹いてきます!

>>続きを読む
【仰天!】こぼれた種が?
あたたかくなると、困ること(^_^;)
1~2月中は、
育成畑に足を運ぶのは
1ヶ月に2回くらいです。

雪がつもりすぎてないか?
芽が順調に伸びてきているか?

を確認しつつ
水まきはほとんどしませんが、
防虫対策と肥料まきを進めます。

>>続きを読む
谷戸公民館へ
2017年2月
活動開始したばかりの
兄弟プロジェクト
「西東京紫草友の会」

めでたく種まきを済ませ
発芽の確認もかなりよい確率!
これは、順調かと思っていました。

>>続きを読む
開花ラッシュ!
2017年みたかの
紫草の開花ラッシュ!
ご覧下さい。



がんばれ!一年生!

3月に種まきをした一年生。
およそ2ヶ月が経ちました。

今年のトレイの発芽率は
60%くらいです。
(昨年は80%越えでした)

もうすでに本葉が出ているもの
双葉のままのもの
発芽したばかりのもの

同じトレイの中でも
成長の個体差はさまざまです。

大きくなってきたものから
随時、移植していきます。

セルの中に細かい根が
回ってしまう前に植え替えた方が
紫根の成長は期待できると思います。

紫根のことを考えないのであれば
しばらくセルトレイのままでも
元気に育ちますし、花も咲きます。

5月の紫草の日には
会員のみなさまにぜひ
移植体験をしていただこうと
準備を整えています。

がんばれ!一年生!!
紫草の現実~病害レポート~
紫草を育成していく上で、
避けて通れないのは「病害」です。

この株、一見すくすく育っているように見えますが、恐らく病気です。

なんという病気なのかわかりませんが、
葉の一部が黄色くなっています。

こうなってしまうと、当然ながら、
育成が悪くなります。


他の同級生たちは
もう花をつけている時期なのに
まだ背丈も低く、育成が遅いです。

しかし、
私の経験上、
こうなってしまっても
「すぐ枯れてしまう」
ということはありません。

もちろん、オルトランなどの薬を使わずに、放置しておいたら枯れてしまうかもしれないですが。

人間でもそうなのですが、
病気とはうまくつきあっていければ
イイのかな?
絶滅の危機に瀕するような病気でなければ
イイのかな?

と思ったりもします。
>>続きを読む